2014年09月01日

立喰いそば さとう〔三鷹〕



三鷹駅北口、階段を降りて左へ「立喰いそば さとう」天ぷらそば340円をずずずずっっっっ。
ずいぶん昔からここで営業しているように覚えています。三鷹駅北口の周辺が綺麗になっても、昔ながらの開けっ放し状態で変わらず営業していて、バスを待っていると醤油の香りが漂ってきてクラっとした記憶も何度も。。

久しぶりで訪問。お腹が空いていればミニカレーライスとセットでいただくところですが、炭水化物と塩分は控えめにしなければならないと、天ぷらそばのみに自制。この日は表の券売機が故障中とのことで、店内で現金のやりとりでのオーダでした。二間続きのお店ですが、ちょうど私が入った方と反対側に調理場やレジ(というのかな?)があるようで、大陸系と思われる店員のお姉さんはあっちへこっちへ忙しく走り回っています。かけが240円とかなり安め、天ぷらは+100円の値付け。

ほどなくして丼到着。麺はやや黒め、かけ出汁は真っ黒の路麺原理主義者には涙モノのルックス。ナルトが載っているのがちょっとめずらしいかな。まず麺をリフト、いわゆる立喰系の蕎麦としてはかなり色黒。ゴワゴワした食感はなくもっさり系で、結構お腹にたまりそう。黒いかけ出汁は醤油の味がくっきり、疲れている時に身体に染みこんでいくような味です。かき揚げは店内に大量に揚げ置きされているのが見えますが、ぶ厚さゆえかかなり重め。平たく言うと、中のほうがかなり小麦粉っぽい。そして、上からネギが大量に。このネギの辛味と風味が結構強くて、かけ出汁の味をほとんど追いやってしまってるような気が。ネギ好きの方にはいいと思いますが、私は実は薬味としてのネギはあまり好きではないので(苦笑)。彩りにナルトがめずらしい。

以前はたしか24時間営業だったはず、今も平日は6:30-25:30というロングラン営業。三鷹駅着の終電が25:20着だったから、降りてくるお客さんを待っての営業ということでしょう。三鷹といえJRの車庫もあり、おそらく早朝から深夜まで小腹を満たしに来る職員さんもいらっしゃったんじゃないかな、なんて想像もできます(南口には朝から飲める食堂もあるなぁ。。)。そんなことを考えると、このお店の存在意義が垣間見える気がします。ごちそうさまでした。

立喰いそば さとう

夜総合点★★☆☆☆ 2.9

昼総合点★★☆☆☆ 2.9



関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 三鷹駅




ラベル:三鷹 路麺 駅前
posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 武蔵野~立川周辺 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。