2014年09月01日

蕎麦たかね 日本橋茅場町店



茅場町交差点を証券取引所方面に向かってすぐ右側「蕎麦たかね 日本橋茅場町店」天ざる600円をずずずずっっっっ。
昼は券売機式の路麺店ですが、夜は立ち呑みも兼ね(着座式ですが)、店員さんがオーダーを取り配膳してくれるシステムに変わります。蕎麦は押し出し式10割製麺機。もともと天ざるが500円未満という値付だったはずですが、いつのまにか600円に値上がりしていました。夜閉店にほど近い時間に訪問、アルコールを飲まれているお客さんはなく、全員食事でした。

天もりをオーダすると、その場でサービスの玉子が生か温玉かを聞かれます。製麺機から蕎麦がお湯に落ち、天ぷらを揚げ5分ほどでトレイ到着。蕎麦は200g(一般店の大盛り相当)だそうで、かき揚げは別添、薬味もたっぷり。ちなみに、もりは細麺、かけは太麺が原則ですが、指定で別の太さの麺を選ぶこともできるとのこと。早速いただきましょう。

やや扁平の蕎麦はコシやもにゅっとした食感はなく、ザラリとした舌触り。蕎麦らしい風味はわずかに感じます。これは手打ちでも機械製麺でもなく、10割押出製麺特有の食感です。個人的にはあまりこの食感は好きではないんだよな。むしろ好みだったのは汁、醤油っ気が抑えられ出汁がきいたもので、先端をちょこっとでなくどっぷり蕎麦を浸して食べるのにちょうどいい。変な甘さもなく、スッキリしているのも好みでした。かき揚げは直径10cm超の大判、揚げたてらしく小さな海老もコロコロと入っています。箸でつつくと細かく崩れるタイプ。もう少し油が切れているといいのですが、路麺店としては十分合格点かと。

食べ終わって感じたのは、このお店は路麺店と一般店の間を狙おうとしてるのだろうか?という素朴な疑問。いわゆるコストパフォーマンスという観点で考えればやや高いという印象は否めないし、かといってフルサービス店と考えるとツメの甘さを感じます。個人的には帯に短し襷に長し、と感じるのですが、この界隈はランチタイムは圧倒的な供給不足なので、高いけれどちょっと美味しい路麺店というニーズも多いのでしょうか。時は金なりという部分も含めて。。今度は温かい蕎麦をいただいてみたいかも。ごちそうさまでした。

蕎麦たかね 日本橋茅場町店

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:そば(蕎麦) | 茅場町駅日本橋駅水天宮前駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 中央区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。