2014年09月01日

だいごろう〔国分寺〕



国分寺駅北口、斜め右前角「だいごろう」かき揚げそば530円をずずずずっっっっ。国分寺駅北口は現在再開発中。ここ数ヶ月でも大きく道路形状が変わるようですので駅からの道順は略しますが、このお店の場所はぎりぎり再開発にかからず、新しくできるビルのすぐ裏手になる模様。そうすると、オフィスビルのビジネスマンのランチ処になるのかなぁ。そんな場所と知ってでしょう、数年前に一橋学園の老舗蕎麦屋さん醍醐がこちらに路麺形式のお店を出店されました。これまでも何度かおじゃましています。

平日夜訪問。23時まで営業というのはなにかとありがたい。入口に券売機が2台あるので、ピークタイムには相当混雑するんでしょうか。かけが370円なのに対してかき揚げそばが570円、かき揚げ分で200円ということのようです。かけは普通ですが、かき揚げは路麺店としてはちょっと高めの金額設定ですね。一瞬ひるみながらもポチ。右側が厨房になっていて、2人の店員さんがいらっしゃいます。食券をカウンターに出すと「できたらお呼びします」と告げられるので、着席して待ちます。

先に油の音が、しばらくしてから製麺機始動。そう、こちらはタニコー株式会社の十割そば製麺機を使ってます。ということは、蕎麦の質は渋谷や新宿の信州屋さんと同じということか。こちらでは席の場所によっては製麺機から蕎麦がにゅるにゅると押し出されるところを見ることができます(席は選びましょう)。ある程度にゅるにゅると出てきた所で、押し出し口を包丁でカット。こういうのは見ていて飽きないですね。だれか次のオーダ入れてくれないかな(笑)

さて、かき揚げそば完成。葱や揚げ玉はセルフで。まずは蕎麦をずずず、、、ざらりとした麺線からは穀物系の風味が香るのですが、表現があまりよくないですが、少しニチャッとした食感。これはわずかに茹でが足りないように思いますが、それともこの麺の性質か。かけ出汁は醤油とかえしのバランスがいいからか、汁の一体感がいいですね。このあたりはさすが蕎麦屋ゆえの味かと。かき揚げは小エビ、ゲソ、ニンジン、玉ねぎ、長ネギがたっぷり。小麦も多めで油もたっぷり吸っているからか、私にはやや重め。ただ、油自体は鮮度が良さそうなので、若い人にはいいかもしれません。

路麺としてはややお値段高めですが、エキナカに安かろう(略)な路麺店もありますし、差別化を意識されてるのかもしれないですね。遅くまでやっているので、夜一杯飲んでから冷たいお蕎麦をつつつっとすするのも良さそうです。ごちそうさまでした。

そばだいごろう

夜総合点★★★☆☆ 3.1

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:そば(蕎麦) | 国分寺駅




posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 武蔵野~立川周辺 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。