2014年09月01日

稲浪〔飯田橋〕



飯田橋駅から目白通りを江戸川橋方向へ、2つめの信号を左に曲がってしばらく先右側「稲浪」かき揚げそば380円をずずずずっっっっ。
神楽坂よりもさらに神田川に近いこのあたりは、出版や印刷に携わる人や会社が多いエリア。表通りから入った場所にひっそりと暖簾を出すこちらのお店も、もしかしたら忙しいそういう人たちが気軽にいつでも食事が取れるように、という目的なのかもしれません。そもそも、路地とは言わないけれどけしてメインストリートではない通り沿い、ちょっと引っ込んだところに暖簾がでていても、どうみても近所の人しか来ないじゃないですか。店内もきどらずそんな雰囲気。立ち食い店といっても椅子はあり、座って蕎麦をすすることが出来ます。

オーダーは直接ご主人へ。かき揚げそばをお願いしましたが、メニューはなかなか豊富で、天ぷら類でもイカ天、アジ天、生姜天(おおっ!)などもあるし、ソーセージと書かれているのはそのままなのか天ぷらなのか。ケースの中にはおにぎりや太巻きのような巻きものも用意されています。オーダするとその場で麺を湯通しして、2、3分ほどでできあがり。

うん、ごく普通の立ち食いそばですよ。かけ出汁の色はかなり濃いけれど、鰹節や昆布でとったと思われる出汁の下支えがあります。とはいえ、私には少々塩分強すぎ(あくまで個人的な意見)。おおぶりのかき揚げはやや油っぽいか。麺がやや切れやすいけれど、すするには十分。ふと視線を上げれば、一味、七味はもちろん、ゆず七味、刻まれた鷹の爪、鰹節粉だったかな、いろいろと用意があるあたり、只者ではない。。

チェーン店にはない、のんびりとした雰囲気のある立ち食いそば屋さん、職場の近所にあればなかなか重宝しそうです。ごちそうさまでした。

稲浪

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:そば(蕎麦) | 飯田橋駅神楽坂駅牛込神楽坂駅




ラベル:飯田橋 路麺
posted by kennny at 00:00| Comment(0) | 新宿区 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。